[ケース3]白岡市M様邸

 

趣味や愛犬との暮らしを楽しむ、

自分たちにぴったりの家をつくる。

これぞ注文住宅の醍醐味

 
【白岡市M様邸】スーモページトップ事例

  こだわり派にはうれしい家づくり  

「とにかく細かいオーダーがきくのが、こだわり派にはうれしい限りでしたね」と家づくりの思い出の満足そうに振り返ってくれたMさん。たとえば売ってないモノは『大工につくってもらいましょう』といったスタンス。それがよく現れているのが、Mさんが趣味としているトレーニングの専用ルームだ。

頑丈な基礎の上に、ゴム、ベニヤ材、その上に業務用の床材を敷いた特注の床は強度抜群。万が一、300kgのバーベルを落っことしても大丈夫という「特注モノ」で、Mさんの要望やライフスタイルを同社がしっかり受け止め、お抱えの腕利き職人がカタチにしたものだ。

 
029


  プランニングの工夫が「スマート」な暮らしを実現
 

家づくりの工夫は、プランニングにもある。M氏邸のある敷地は南側道路。ベランダを作るとすれば当然日当りのいい南側に、となるが、これだと道路に面して洗濯物を干すことになるなど、なにかと生活感丸出しになってしまう。

「シンプルモダンな住まい、スッキリした暮らし」を好むMさんとしては、それは避けたかった。そこで提案されたのが、人目につく南側は閉じ、かわりに「中庭」を設けて、さらにその中庭をぐるりと囲んでしまうというプラン。これにより、外からの新鮮を遮りつつ十分な陽射しを、さらには生活感を排除した「スマート」な暮らしをも実現。Mさんのライフスタイルにぴったち、しかも暮らしやすい住まいが完成した。


【白岡市M様】スーモ事例並べ  


こだわりのセパレートタイプ  

2階リビングでは奥に見えるDKとはセパレートされているものの、通路のほかバルコニーを介してもつながっている。

「食べる」「くつろぐ」といった生活時間にメリハリがつくのもセパレートタイプのメリット。

人目を気にすることなく開放感を味わえる中庭は2階バルコニーの床を部分的にグレーチングとすることで中庭にも十分な光がまわる明るいスペースとなった。

Mさんのお気に入りカラー「オレンジ」をアクセント的に使うなど、オーナーの趣味や好みを取り入れるうれしい工夫も同社の魅力。大切な家族であるわんちゃん用のシャワースペースも造作した。


049